「膳」はファッションである。”「料理」を人と例えるなら「器」はその衣装である”

Contemplating the intent behind Rosanjin’s quote, “A vessel is a culinary costume.”
How might we pay homage to it in modern terms?

魯山人の「器は、料理の衣装だ。」をそのままの意図を汲み、
現代風にオマージュしたらどうなるだろう。

― Meals are fashion. If dishes are people, vessels are their costumes. ―

膳はファッションである。”料理”を人と例えるなら、”器”は、その衣装である

That’s what I’d say.
Ginsai [Silver-coloring]. Kairagi [cracked glaze]. Kutsugata [shoe-shaped]. Katakuchi [single spout].
Endowed with ancient techniques used in expressive pottery, yet transcending anything ancient peoples could have imagined,
that is how vessels are being created today, by young hands.

私ならこうだ。

銀彩。梅花皮(かいらぎ)。沓形(くつがた)。片口。

いにしえよりある陶芸の表現方法を備えながら、いにしえの人々が想像し得ない器が今、

このように若い「手」によって、生み出されている。